忘れられた渓@20170715


三連休!!

今回はドリフトバムさんとご一緒です。

行くぜ!東北!!

複数の候補地から目指したのは、そこそこ有名だが結構な歩きが必要なとこです。

到着するも、先行者の車が3台。

残念ですが移動決定です。


そんなに人気河川でない渓へ移動したら、ここでも先行者の車が2台。

ここもダメです。

次の河川は、最も先行者がいる可能性が高い渓です。

しかも、ドリフトバムさんが遭難しかけたところですので、候補としては

優先順位低めです。



車止めに到着すると、1台も車が止まっていません!!

救われました。


そそくさと着替えて、入渓地点を目指して歩き出します。

朝早くから気温が高く、少し歩いただけで汗が吹き出します。

だんだん、杣道の跡が不明瞭になってきます。

沢への下降地点も不明確です。

まあ、なんとか沢へ降り立つことができました。

P7151172-S.jpg

入渓直後、2か所のへつりにはかなりビビりました。

絶対、一人では来ない渓だなぁ~!


先週に引き続き、ここでもイワナ祭り開催です。

P7151163-S.jpg



ドリフトバムさんもイワナ祭りに参加中です。

P7151159-S.jpg


サイズの割にはよく引きます。


P7151171-S.jpg

安全を考えて、早めの退渓です。



二日目は、雨で帰宅の途につくことになりました。



名古屋の雨神様の祟りかしら??
スポンサーサイト

消えた林道と無垢なイワナ@20170708


釣行先を国土地理院の地形図で検討。

車止めから約6キロ歩いて入渓し、約3キロ釣り上がり滝を眺めて来よう!!





早朝、車止めには首都圏ナンバーの車が一台。

まあ、気にせずに行きましょう。




と、歩き出した早々に、林道から渓に強制移動です。

あれ?

地形図には遙か上流まで林道が伸びているのですが?

まあ、すぐに林道に戻れるでしょう!!

と、渓を遡行しても、どこもかしこも林道が崩壊しています。

上流にダムがあるのに、道がないなんて!!




林道を諦め、ダムを目指して遡行します。


P7081151-S.jpg


約1時間30分でダム到着です。





ダム上は、結構な水量です。


DSC_0098-S.jpg

対岸へ渡れるような状況ではありません。


しばし流れを見ながら、こんなんじゃ釣れね~よ!と心の中でつぶやきます。






まあ、このまま帰るわけにもいかないし、よく見ると際きわなら遡行できそうです。


ポイントは、際の緩やかな流れのみです。


一投目でいきなりのご挨拶に来てくれました。


DSC_0094-S.jpg

泣き尺でした。

消えかけたやる気が、あっという間に復活です。





ここからは、7寸、8寸のイワナ祭り開催です。

DSC_0103-S.jpg



チョー久しぶりのイワナ祭りです。

DSC_0104-S.jpg

心置きなく楽しみましょう!!


ポイントごとに、素直にフライをくわえます。





そろそろ戻らなきゃという時間で、ラストポイントから出たのは泣き尺でした。

DSC_0112-S.jpg




帰り際、ダムをのぞいたら、

P7081152-S.jpg


尺はもちろん、40オーバーや50オーバーのイワナがわんさかです。


自然の偉大さに感謝です。


この自然がいつまでも残りますように!!

豪雪地帯へ@20170617

数年前に大雨による大きな被害が出た川へ。

イワナは復活しているのか?

s-P6171136.jpg

いい天気です。

水もきれいです。





イワナもいました。

s-P6171134.jpg

釣れるイワナのサイズは、これくらい。

豪雪地帯のイワナってサイズのわりによく引くよね。

s-P6171146.jpg


もう少し、サイズと数ががなぁ~。

歩くのはお好きですか?@20170610


今回の釣行先は、

こちらの方の定期訪問先にご案内いただきました。

s-P6101114.jpg

今日も車止めから歩きです。

先週ほどではないですが、約2時間の山道ウォーキング。




ドリフトバムさんが先々週に尺イワナを釣ったポイントを攻めますが、まったく反応がありません。

s-P6101116.jpg





時間帯なのか、気温の低下なのか、イワナのやる気がイマイチのようです。

時間の経過と、エグイ高巻きをこなしていくうちに反応も良くなってきました。

s-P6101118.jpg

NEW RODへの入魂の儀も完了です。



この渓のイワナは、サイズもよく引きも強いですね。

s-P6101121.jpg



尺こそ出ませんでしたが、NEW RODの慣らし釣行としては十分に楽しめました。

s-P6101127.jpg


ドリフトバムさん、お疲れ様でした。

歩くのはお好きですか?@20170603


GWに片道3時間歩いた沢へ。

前回の釣行で発見したショートカットを利用しての計画です。

前回とは別ルートに進入するも、早々にゲート出現です。

この位置からの入渓点までの距離は、前回の釣行時よりほんの少し短いだけです。

同行のドリフトバムさんは歩く気満々です。

じゃあ、歩きましょう!(帰りの歩きが心配ですけど!)

はい、約3時間歩いて入渓です。



s-P6031093.jpg

藤の花が綺麗に咲いています。

入渓点から流れ込みを見ると、数か所でライズしています。

s-P6031099.jpg

ドリフトバムさんもいいサイズをゲットしています。

ここのイワナはサイズのわりによく引きます。

s-P6031095.jpg

生息密度にばらつきはありますが、反応は良好でした。

s-P6031108.jpg

尺オーバーもゲットです。


帰りの歩き時間を考えると、午後3時には退渓です。

6ピースロッドをベストの背面収納に入れ、約30メートルの斜面を直登です。

林道へ登り切り、しばらく歩いてから、ロッドが無いのに気が付きました。

おそらく直登時に木の枝に引っかかり落ちたのでしょう。

あの斜面では、取りに行くのも危険です。

次回の釣行時にでも、探してみましょう。

たぶん今シーズンは行かないと思うけど。



帰りの歩きは、前回同様、苦行でした。


翌日は、両膝の痛みがひどいです。

歩き6時間、実釣6時間。

ドリフトバムさん、お疲れ様でした。
プロフィール

フライ旅

Author:フライ旅
福島県の端っこに生息してるサラリーマンです。
東北の渓流を彷徨っています。
日本酒好きなおじさんです。
冬は狩猟も少ししています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
最新トラックバック