2017 LAST FISHING@20170930


ホントは、先週で今シーズンのフライ釣行は終了のはずでした。

あきらめの悪い私とこちらの方、


P9301216-S.jpg


行ってみますか!!


まだ、暗いうちに車止めへ到着すると既に1台停まっています。


杣道を歩けるぐらいの明るさになり着替えていると、先に来ていた方も起きだしました。


お互い入渓エリアを確認すると、行先の方と同じです。orz


しょうがないので、違う沢へ入ることにしましょう。



朝の気温も低く、少し肌寒い感じです。


渓はというと、すっかり秋景色です。

P9301218-S.jpg

キノコの知識は全くありませんので、食べられるキノコなのかわかりません。

なんていうキノコなのでしょう。

知っている方、教えてくださーい。


P9301223-S.jpg

あちこちで、大文字草が咲いています。



で、渓の様子はというと...

入渓点の少し上から反応はありますが、いかんせんサイズが小さいです。

P9301221-S.jpg

このサイズを釣るのが精一杯。

P9301234-S.jpg


退渓し、着替えを終えて林道を下っていると、ポツポツと雨粒が...


これで、今シーズン終了です。


ドリフトバムさん、二週連荘でお疲れ様でした。
スポンサーサイト

2017年最終釣行@その2

焼き肉で満腹のお腹をさすりながら、キャンプ地へ移動です。

と言っても、焼肉屋さんからほんの少しの移動です。

素敵なキャンプ地でございました。

夜中に目を覚ますと、なぜか雨が降っています。

天気予報じゃ雨マークなんてなかったのに!!


これも行いの悪い二人組ですからねぇ~。


キャンプ道具を撤収し、目的の入渓地点を目指すころにはかなり小降りになってきました。


本日は、半日のお気軽釣行の予定です。



林道のスペースに車を止めて、堰堤上に入渓です。

P9231205-S.jpg


数年前の9月に来たときは、イワナの渓でした。


何気なく、対岸際を流すとフライに対してスプラッシュライズ!!

すみません、適当に流してました。


心を入れ替え、真剣にドリフトさせます。

まあ、イワナならもう一度出るでしょう!!


って!!出ました。


今度はしっかりとフッキングしました。



P9231206-S.jpg



ネットに収まったのは、泣き尺弱のヤマメさんでした。



朝一でもうお腹いっぱいです。



ここからは、あまり反応が良くありません。


途中、次の堰堤を超えるとイワナの渓に変わりました。


反応も、そこそこ良くなりお手軽入渓としてはこんなもんでしょう。


P9231210-S.jpg


こんなサイズと戯れて、今シーズンの納竿といたしましょう。



ほんとか??

2017年最終釣行@その1


金曜日に有給休暇を取得し、目指すは7月に味わったイワナ天国!!

同行のこちらの方、

P9221189-S.jpg

ずる休みをしたとか?しないとか?


車止めに到着すると、地元ナンバーの軽トラが1台。


先行者?キノコ採り?なんて考えながら着替えていると、

キノコ採りの方が戻ってきました。


水量を聞くと笹濁りでやや多めとのこと。


ここまで来たら、ほかの選択肢は無いので覚悟を決めての突入です。


杣道歩きから時折見える渓の様子は、遡行できるの?って感じ。


不安を感じながらも無事に入渓地点到着です。


入渓地点すぐ上の流れ込みで、先ずはご挨拶。

P9221188-S.jpg

水量からして遡行困難な場所があるとみて、じっくり攻めることにします。

このポイントだけで、二人合わせて5匹以上のイワナと遊ぶことができました。


本日、最初の尺はクルージングライズを繰り返していたヤツ。

レーンを特定しにくく仕留めるのに苦労しました。

P9221195-S.jpg

7月の時とは違い生息密度にムラがあるのも9月ならではです。

DSC_1143-S.jpg




このポイントのヘツリの先にドラマが待っていました。



1投目、出るノラーズ!!


2投目、出る瞬間バレール!!


3投目、しっかりフッキングしました。




かなり久しぶりの強烈な引きです。


P9221202-S.jpg

イワナにしては体高がある尺1寸です。

P9221200-S.jpg

ヤマメみたいな体高です。




こんなのを釣ったら、同行者に晩飯を奢らないといけませんね。




ドリフトバムさんには、焼肉屋さんで腹いっぱい召し上がっていただきました。




ご飯大盛りからのカルビクッパって!!(ご飯は日本昔ばなし盛りですよ!)

それで、喰えなくなったなぁ~って!!




二日目へ続く...

忘れられた渓@20170715


三連休!!

今回はドリフトバムさんとご一緒です。

行くぜ!東北!!

複数の候補地から目指したのは、そこそこ有名だが結構な歩きが必要なとこです。

到着するも、先行者の車が3台。

残念ですが移動決定です。


そんなに人気河川でない渓へ移動したら、ここでも先行者の車が2台。

ここもダメです。

次の河川は、最も先行者がいる可能性が高い渓です。

しかも、ドリフトバムさんが遭難しかけたところですので、候補としては

優先順位低めです。



車止めに到着すると、1台も車が止まっていません!!

救われました。


そそくさと着替えて、入渓地点を目指して歩き出します。

朝早くから気温が高く、少し歩いただけで汗が吹き出します。

だんだん、杣道の跡が不明瞭になってきます。

沢への下降地点も不明確です。

まあ、なんとか沢へ降り立つことができました。

P7151172-S.jpg

入渓直後、2か所のへつりにはかなりビビりました。

絶対、一人では来ない渓だなぁ~!


先週に引き続き、ここでもイワナ祭り開催です。

P7151163-S.jpg



ドリフトバムさんもイワナ祭りに参加中です。

P7151159-S.jpg


サイズの割にはよく引きます。


P7151171-S.jpg

安全を考えて、早めの退渓です。



二日目は、雨で帰宅の途につくことになりました。



名古屋の雨神様の祟りかしら??

消えた林道と無垢なイワナ@20170708


釣行先を国土地理院の地形図で検討。

車止めから約6キロ歩いて入渓し、約3キロ釣り上がり滝を眺めて来よう!!





早朝、車止めには首都圏ナンバーの車が一台。

まあ、気にせずに行きましょう。




と、歩き出した早々に、林道から渓に強制移動です。

あれ?

地形図には遙か上流まで林道が伸びているのですが?

まあ、すぐに林道に戻れるでしょう!!

と、渓を遡行しても、どこもかしこも林道が崩壊しています。

上流にダムがあるのに、道がないなんて!!




林道を諦め、ダムを目指して遡行します。


P7081151-S.jpg


約1時間30分でダム到着です。





ダム上は、結構な水量です。


DSC_0098-S.jpg

対岸へ渡れるような状況ではありません。


しばし流れを見ながら、こんなんじゃ釣れね~よ!と心の中でつぶやきます。






まあ、このまま帰るわけにもいかないし、よく見ると際きわなら遡行できそうです。


ポイントは、際の緩やかな流れのみです。


一投目でいきなりのご挨拶に来てくれました。


DSC_0094-S.jpg

泣き尺でした。

消えかけたやる気が、あっという間に復活です。





ここからは、7寸、8寸のイワナ祭り開催です。

DSC_0103-S.jpg



チョー久しぶりのイワナ祭りです。

DSC_0104-S.jpg

心置きなく楽しみましょう!!


ポイントごとに、素直にフライをくわえます。





そろそろ戻らなきゃという時間で、ラストポイントから出たのは泣き尺でした。

DSC_0112-S.jpg




帰り際、ダムをのぞいたら、

P7081152-S.jpg


尺はもちろん、40オーバーや50オーバーのイワナがわんさかです。


自然の偉大さに感謝です。


この自然がいつまでも残りますように!!
プロフィール

フライ旅

Author:フライ旅
福島県の端っこに生息してるサラリーマンです。
東北の渓流を彷徨っています。
日本酒好きなおじさんです。
冬は狩猟も少ししています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
最新トラックバック